前へ
次へ

病気を過剰に不安視してしまう人のための医療

自分は病気になるわけがない、という根拠のない自信がありすぎても困りますが、自分は病気に違いない、という不安感が強いのも困りものです。
実際これは「病気不安症」と言われ、少しの体調の変化を重大な病気だと思い込んで医者を転々とし、検査をしてもらいたがるのだそうです。
さらに病気を過剰に不安視し、病気にならないために健康食品をたくさん摂取することもあります。
結果的に通常の食事が減ったり胃腸のバランスを崩してしまい「もしかしたら重大な病気なのでは」と病院へ行くという悪循環になります。
こういう場合心療内科の治療が効果的で、「自分が病気への不安にとらわれすぎている」と気づかせることが必要になります。
方法としては「自分は重大な病気かも」と考え始めたときに「先日検査を受けたし、これは思い込みだ」と考え方を矯正することです。
また健康食品も少しずつ減らし、病気について考える時間を減らすことが大切です。
家族や自分が過剰に病気を恐れすぎていると感じたら、心療内科に相談するといいかもしれません。

経験豊富な専門医による治療をご希望の患者様は当院へお越しください
当院の院長は小児難聴の専門家でもあるため、きめ細やかでそれぞれのお子様にあった治療方法をご提案できます。

https://megumi1133.jp/language/
子供の言語発達についてお悩みの方はめぐみ耳鼻咽喉科・アレルギー科へ。その子の状況に合わせた適切な言語訓練を行います。

個人個人で異なる歯科治療
だからこそ最適な治療をご提供する天神の歯医者「Crystal 医科歯科 Clinic International」

インビザライン 大阪
まずは当院の症例別治療をご覧ください

顎関節症 大阪
原因を見極め根本治療を施します

Page Top